ポルトガル語とは


スポンサードリンク

既にポルトガル語の関する十分な知識を持っている方もおられるとは思いますが、ポルトガル語がどのような言語か少しおさらいしていみましょう。

まず、ポルトガル語は日本に非常になじみの深い言語の一つです。

ポルトガルは、日本が始めて直接(それ以前にもシルクロード経由で西洋の文化や学問は伝わっていましたが)

それ故に、日本語に取り入られた、もしくは取り入れられているポルトガル語はあなたが想像する以上に存在しています。

現代ポルトガル語とは

ポルトガル語は、ロマンス諸語のひとつでラテン語直系の言語です。

そのラテン語は、教養あるローマ人の古典ラテン語というよりは、むしろローマの兵士や入植者たちの日常ラテン語でした。

古代ガリシア(スペインの北西部のガリシア地方)とポルトガルの北部で発達し、現代のポルトガル全体へとひろがっていきました。

現在ポルトガル語は、ポルトガルのほか、ブラジルやアンゴラ、モザンビーク、ギニアビサウ、サントメ・プリンシペ、東チモールの公用語である。

ポルトガル語は他のどのロマンス語よりもスペイン語に似ている。スペイン語同様、非常に多くのアラビア語語源の単語をふくむ。

また、語彙(ごい)の中には、ほかのヨーロッパの諸語と同じようにフランス語やギリシャ語語源の数多くの単語もはいっています。

あまり多くはありませんが、カルタゴ語やケルト語、フェニキア語語源の単語もある。

※ロマンス語とは、ロマンス語はラテン語に起源をもつ言語。ロマンス語に含まれる言語は(東)フランス語、スペイン語、カタルーニャ語、ポルトガル語、(西)イタリア語、ロマンシュ語、ダルマチア語などがある。ダルマチア語は言語として消滅。

>>関連記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。