imparticalとimparcial


スポンサードリンク

ブラジルのサンパウロ州に住んでいた時の地方新聞の名前に、imparcialという新聞があり、当時はこのimparcialという新聞で自分の記事が取り上げられたことが何回かあった。日本では、テレビに出演したり、新聞や雑誌の取材を受けたりすることはなかったが、ブラジルでは、テレビ数回の出演(地方、全国含めて)、新聞も地方紙に何回か記事が取り上げられたことがあった。

話はずれたが、このimparcialの意味は、「公平な、偏りのない」の意味、英語ではimpartialという単語がある。

英語で、-tionalで終わる形容詞を-cionalに変えるだけで、そのままポルトガル語で通じてしまう単語がある。たとえば、nationalはnacionalもそうだ。

また、英語で-cialで終わる単語は、そのまま、もしくは少し変形させるだけで、ポルトガル語の単語となるものもいくつかある。

英語で、special(特別な)は、ポルトガル語でespecial。
その他、commercialは、comercialなど。

他にも是非探してみてほしい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。