ポルトガル語で「おいしい」って?


スポンサードリンク

ポルトガル語で「おいしい」とは何と言うのでしょうか?

愛知県の豊橋や豊田、静岡県の浜松などブラジル人が多い地域ではブラジル人との近所付き合いがあるかもしれません。もしくは、子どもの幼稚園や小学校の同級生にブラジル人がいて自宅や誕生日のパーティーに招かれることがあるかもしれません。また、工場で働いているブラジル人労働者から週末にchurrasco(ブラジルのバーベーキュー)などに誘われることがあるかもしれません。

その時ふるまわれたブラジルの料理を「おいしい」とポルトガル語で言ってみたいと思いませんか?

そこで、今日はポルトガル語で「おいしい」という表現をいくつか集めてみましたので、参考にしてみてください。

ブラジルで「おいしい」の意味で使われる単語はgostosoです。

Gostoso!(ゴストーゾ) おいしい
Que gostoso!(キ ゴストーゾ)なんておいしいんでしょう。
E muito gostoso.(エ ムイト ゴストーゾ)とてもおいしいです。

良いという意味の形容詞bomやその女性形のboaも「おいしい」という意味で仕えます。

Bom!ボン おいしい!
Muito bom. ムイト ボン とてもおいしい!
Esta comida e muito boa.エスタ コミダ エ ムイト ボア
この料理はとてもおいしいです。

gostosoやbom,boaほど使いませんが、saborosoという単語もあります。

saborは味という意味ですが、これが形容詞かして、sabrosoおいしい、味がよい」という意味になります。あくまでも参考までに。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。