ポルトガル語の発音 <母音編>


スポンサードリンク

ポルトガル語の発音は日本人にとっては比較的発音しやすいと言えるでしょう。ほとんどの発音がローマ字読みでOKです。

今回は、ポルトガル語の発音の中でも母音に絞って勉強していきましょう。

[母音]
a 日本語の「ア」とほぼ同じ発音
a~「ア」よりも少し長めに「アァ」という感じの発音

e 「エ」と「イー」と発音するときの口の形をして「エ」と発音する場合がある。また、サンパウロなどでは単語の最後のeの発音がiの音に変わります。例えば、peleという単語は【ペレ】ではなく、【ペリ】になります。

i  日本語の「イ」とほぼ同じ発音

o/o^ 日本語の「オ」とほぼ同じ発音
※サンパウロなどでは単語の最後のoの発音はuの音に変わります。例えば、oitoという場合は【オイト】ではなく、【オイトゥ】となります。
o'  

u 口をすぼめた「ウ」。日本語の「ウ」よりも強い発音。

[二重母音]

ai 日本語の「アイ」とほぼ同じ発音。
a~o 「アウン」だが「ン」の音を弱めに発音する
au 「アゥ」とほぼ同じ発音。
ea 「エァ」というよりも「エィア」に近い発音
ei 「エィ」とほぼ同じ発音
eu 「エゥ」だが「ゥ」は「ゥ」と「ォ」の中間の音。
ia 「イァ」とほぼ同じ発音
ie 「イェ」とほぼ同じ発音
io 「イォ」単語の最後に来る場合は、「イゥ」の発音
oa 「オァ」とほぼ同じ発音。
oe 「オェ」とほぼ同じ発音。
ou 「オゥ」というよりも「オッ」という
ue 「ウェ」とほぼ同じ発音。

●関連記事
・ポルトガル語の発音 <子音編>


スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。